ホームページ、パンフレット、チラシ、LINEスタンプのデザイン・印刷はロフティーデザインにご依頼ください!

Webの時代の「紙」のパンフレットの6つの魅力

パソコンやインターネット、その他さまざまな技術の進歩と普及によって「デジタル化」が進み、紙などの旧来の媒体は徐々にWebなどのデジタル領域へと置き換わっていきました。

そんな時代であっても、未だに紙媒体のパンフレットやポスターは生き残っています。

これは、紙媒体であるからこその魅力があるからであり、その強さがデジタル化の波に抗っているのです。

本記事では、髪のパンフレットが持つ魅力について解説します。

紙のパンフレットが持つ6つの魅力

「紙なんて古い」「今はネットで」と考える方も少なくありませんが、そんな時代だからこその「紙の魅力」というものがあります。

紙媒体の魅力を理解することで、紙のパンフレットを用いた宣伝の効果を高め、ビジネスに良い影響をもたらしてくれるでしょう。

魅力①「積極的に情報を伝えられる」

紙のパンフレットは「積極的に情報を伝えることができる」という魅力があります。

ホームページやネット広告は、どちらかといえば「受け身な宣伝」であり、ホームページなどの媒体を用意してユーザーがアクセスしてくれるのを待つ形になります。

一方で紙のパンフレットはさまざまな場所で配布するという「能動的な宣伝」です。

紙のパンフレットであれば、情報を伝えたい相手に対して積極的に宣伝できます。

 

魅力②「リマインド効果を期待できる」

紙のパンフレットは「リマインド効果でさらなる宣伝効果が期待できる」という魅力があります。

ホームページの場合、情報取集の必要がなくなれば閉じてしまい、再度訪問してもらうまで情報を伝えることができません。

紙のパンフレットの場合、たとえばテーブルやデスクなどに置いておくと、ふとしたタイミングで目に留まって、パンフレットを受け取った人だけでなく周囲の人にも情報を伝えることができます。

伝えたい相手だけでなく周囲の人に対しても宣伝することにより、費用対効果の高い宣伝戦略を構築できるのです。

魅力③「そのとき伝えたい情報だけ集中して伝えられる」

紙のパンフレットは「そのとき伝えたい情報だけを集中して相手に伝えることができる」という魅力があります。

インターネットの場合、さまざまな情報が目に飛び込んできますので、たとえば企業ホームページの場合でも予定外の情報が飛び込んで来る可能性もあるでしょう。

紙のパンフレットの場合、発信者がパンフレット制作時に伝えたい情報だけを掲載し、それを集中的に相手に対して伝えることができます。

余計な情報を一切伝えることなく、伝えたいと思った情報だけを伝えられる媒体として活用できるのです。

魅力④「端末の有無や性能に左右されない」

紙のパンフレットは「相手の保有する端末の有無および性能に情報が左右されない」という魅力があります。

たとえばパソコンやスマホでホームページを見てもらい、商品の外見を知ってもらうとしましょう。

「パソコンの画質が悪くて色見がよくわからない」「私はスマホを持っていないからQRコードを読み取れない」といった事態が起こり得ます。

紙のパンフレットの場合であれば、印刷技術による仕上がりのクオリティにもよりますが、基本的に印刷したパンフレットはすべての相手に等しく情報を届けることが可能です。

魅力⑤「SEO対策やネット広告がいらない」

紙のパンフレットは「ホームページの閲覧数対策が不要である」という魅力があります。

ホームページの訪問者の多くは、検索結果によって訪問先を決めますが、多くの場合は検索結果の上位に表示されたホームページに訪問します。

そのため、多くのユーザーに自社ホームページに訪問して情報を調べて欲しい場合には、検索結果の上位に表示されやすくする「SEO対策」や、検索結果の上部に表示される「リスティング広告」などのネット広告を利用するのが一般的です。

これらにはコストがかかりますし、必ずしも対策が効果を発揮するとは限りません。

紙のパンフレットの場合はこうした対策が不要であり、いかに魅力的なパンフレットを効果的な方法で配布するかという部分に注力すれば良いのです。

魅力⑥「Webと連携できる」

紙のパンフレットは「Web領域とコラボして宣伝できる」という魅力があります。

紙のパンフレットにはさまざまな魅力がありますが、紙媒体ではどうしても限界があるのです。

ですが、パンフレットにURLやQRコードを掲載し「詳しくはコチラ」のように誘導すれば、紙パンフレットで要約を説明し、詳しい情報をホームページで調べてもらうという動線が確保できます。

オンラインとオフラインをまたいだ戦略はビジネスにおいても有用性が知られており、紙のパンフレットとWeb領域での宣伝を組み合わせることでより多くの情報を伝えることができます。

紙のパンフレットの弱点

さまざまな魅力がある紙のパンフレットですが、活用するにあたっては「紙媒体ゆえの弱点」についても理解しておく必要があります。

たとえば「情報の更新が難しい」ことです。

ホームページであれば作業して修正すればそれで事足りますが、紙のパンフレットの場合は印刷のし直しが必要になります。

また、紙のパンフレットは在庫の過不足が宣伝の足かせになることもあるでしょう。

加えて、昨今の環境への配慮から紙の使用を控えようという動きもありますし、人によっては紙のパンフレットに対して興味を示してもらえない可能性もあります。

多くの人に宣伝するためには数多くのパンフレットを印刷する必要がありますが、印刷数に比例してコストも増加します。

このような弱点による悪影響を軽減するためには、入念な宣伝戦略の構築と、Web領域との連携強化を図ることが効果的です。

 

紙のパンフレットはまだまだ現役、ロフティーデザインにお任せください!

紙のパンフレットは、Webサービスが浸透している現代においても有用な宣伝方法です。

とはいえ、紙媒体だけでは限界がありますので、紙の魅力を活かしつつ、Web領域とも連携して効果的な宣伝戦略を展開することをおすすめします。

ロフティーデザインでは数多くの企業様からご依頼いただいた実績があり、伝えたい情報や魅力がしっかりと伝わるパンフレットを制作できますので、お気軽にお問合せください!