ホームページ、パンフレット、チラシ、LINEスタンプのデザイン・印刷はロフティーデザインにご依頼ください!

パンフレット制作を依頼する業者の選び方5つのポイント

宣伝・販促には「パンフレット」を活用できます。 魅力的でメッセージの伝わる、優れたパンフレットを用意できれば、ビジネスにも良い影響をもたらすでしょう。 そんなパンフレットを業者に発注するにあたっては、少しでも費用対効果を高めてビジネスへの好影響を高めるために、発注先を厳選することが重要です。 本記事では、パンフレット制作を依頼するべき業者の選び方について解説します。

パンフレット制作を依頼するべき業者の選び方

パンフレット制作を業者に依頼するにあたっては、少しでも高品質でコストパフォーマンスの高い制作を期待したいです。 それを実現するためには、以下の5つのポイントを意識しつつ業者選定を行うことをおすすめします。

ポイント①「制作実績が豊富」

1つ目のポイントは「制作実績が豊富である」ことです。 業者のホームページには過去の制作実績が紹介されていますが、数多くの制作実績を持っていることは選定対象として重要なポイントになります。 制作実績が豊富であるということは「多くのクライアントから信頼されている」「パンフレット制作の経験が豊富でノウハウが蓄積している」ということです。

ポイント②「創業してから長い」

2つ目のポイントは「創業してから長い業者である」ことです。 これは前述の制作実績と合わせてチェックしたいポイントなのですが、創業年数が古いということは、それだけ長く営業し続けられていることになります。 つまり、経営を維持し続けられるだけの業績があるということであり、パンフレット制作を任せるに足りる信頼性があるということです。

ポイント③「自社のニーズと得意分野がマッチしている」

3つ目のポイントは「自社の依頼ニーズと業者の得意分野がマッチしている」ことです。 パンフレット制作を依頼できる業者には、それぞれ異なる得意分野があり、その得意分野を活かせる依頼内容であれば高品質な仕上がりを期待できます。 そのため、どのような依頼をするのかを精査して、その依頼内容に対して相性の良い得意分野を持つ業者を選定することで、高品質で効果的なパンフレットを納品してくれるはずです。

ポイント④「費用と品質のバランス」

4つ目のポイントは「費用と品質のバランスが良好である」ことです。 業者ごとに費用の目安は異なり、ホームページで説明しているところも多くみられます。 どのようなことであれ、費用が発生する以上はできる限り小さな金額で費用を抑えたいと思うでしょう。 しかし、費用を抑えたいばかりに、品質を疎かにしてしまっては意味がありません。 もちろん、投入できる予算には限りがあるはずなので、投入できる予算の範囲内で、いかに費用対効果の高いパンフレットを制作してくれる業者を探せるかが重要なポイントです。

ポイント⑤「見積もりの内容」

5つ目のポイントは「見積もりの内容が良好である」ことです。 これは費用面についてももちろんなのですが、このポイントで重要なのは「担当者の応対クオリティ」になります。 担当者と直接会って、またはリモートで対面して、こちらの要望を伝えて相手から提案を受けてください。 優良な業者であれば、こちらの要望を汲み取って最適な提案をしてくれたり、コストカットの可能性を示してくれたりしてくれるはずです。 逆に、コミュニケーションに問題があったり、ほとんど提案等なしに話しを進めるような場合は、業者選びを考え直した方が良いかもしれません。

パンフレット制作を依頼できる業者の種類

一口に「パンフレット制作を依頼する業者」といっても種類があります。 業者の種類があるということは、それぞれ異なる特徴があるということです。

デザイン制作会社

「デザイン制作会社」は、デザイン企画を手掛ける業者であり、パンフレットの印刷は提携業者に発注するという形式をとっていることが多いです。 デザイン制作に特化している業者であるため、デザイン性やメッセージ性の強い効果的なパンフレット制作を期待できます。 業者によってはデザイン料が高額であることもあり、それでハイクオリティなデザインに仕上がれば良いのですが、デザイン性とデザイン料のコストパフォーマンスが見えにくいケースも少なくありません。

印刷会社

「印刷会社」は、パンフレットの印刷を担当する業者ですが、中にはデザイン企画から印刷・納品までを一括で請け負っているところもあります。 印刷に特化しているため、印刷にかかるコストが抑えられる傾向にあり、大量のパンフレットを印刷してもらいたい場合にメリットが大きくなる可能性があります。 「デザインを送信してそのまま印刷する」という場合は格安のコストで調達できる可能性がありますが、デザインはこちらで制作する必要があり、デザインに関するアドバイスはもらえません。 「デザイン企画は別業者に委託する」という場合は、急なデザイン・仕様変更等があった際に迅速な対応が難しくなるでしょう。

編集プロダクション

「編集プロダクション」は、出版社などからの依頼で編集や企画を請け負っている業者で、中にはパンフレットを専門に扱っているところもあります。 高度な編集力を有しており、情報がしっかりと伝わる効果的なパンフレットの制作を期待できるでしょう。 カメラマンやクリエイターとのつながりを活用できる一方で、社内にデザイナーがいなくて外部に委託する場合、担当デザイナーと直接相談するのが難しい可能性があります。

広告代理店

「広告代理店」は、企業の広告・企画などのマーケティングを代理で行う会社であり、コンサルタント会社としてデザイン制作会社に外注する流れになります。 マーケティング力に優れており、どのようなパンフレットに仕上げればしっかりと宣伝できるかというノウハウを生かしたパンフレット制作を期待できます。 基本的に大部分を外注するためコストが高額になりやすく、仕様変更時にスピーディな対応が難しいというデメリットもあります。

パンフレット制作は業者選びが重要、ロフティーデザインにお任せください!

さまざまなポイントを総合的に比較することで、満足できる結果をもたらしてくれるパンフレット制作会社を探すことができます。
「費用が安いから」「老舗だから」と単一の理由だけで決めるのではなく、重視したいポイントは意識しつつさまざまな要素を加味して依頼先を決定しましょう。
ロフティーデザインでは数多くの企業様からご依頼いただいた実績があり、クオリティの高いパンフレットを制作できますので、お気軽にお問合せください!