ホームページ、パンフレット、チラシ、LINEスタンプのデザイン・印刷はロフティーデザインにご依頼ください!

動画制作をプロに依頼するメリットと業者の選び方

プロモーション用の媒体として「動画」を活用することにはさまざまなメリットがありますが、プロモーション用の動画を素人が用意することは簡単なことではありません。 動画の制作はプロに外注できますが、業者に動画制作を依頼することにはどのようなメリットがあるのでしょうか? 本記事では、動画制作をプロに依頼することによるメリットと、依頼するべき業者の選定方法について解説します。

動画制作をプロに依頼するメリット

昨今、スマホの撮影クオリティは高まり、動画編集ソフトも無料で簡単に使えるものが多くなったことで、動画制作のハードルは下がったといえます。 それでも、企業用の動画の制作はプロに依頼するべき理由として、以下の3つのメリットが挙げられます。

メリット①「クオリティの高い動画に仕上がる」

1つ目のメリットは「動画のクオリティが高い」ことです。 プロモーションに用いる動画は、いかにして視聴者に対して訴求し、認知度の向上やコンバージョン率の向上などの成果につなげられるかが重要になります。 その効果を左右する最大のポイントは、動画のクオリティが高く、効果的に訴求するためのテクニックが動画内に組み込まれているかという点です。 前述のとおり、最近ではスマホカメラの技術は向上して、動画編集ソフトも使いやすくなっていますが、素人がこれらを用いて動画制作してもハイクオリティな動画に仕上げることは簡単なことではありません。 せっかく時間を費やして動画制作をしても、訴求効果の乏しいクオリティに仕上がってしまえば、投入した人件費や素材コストがムダになってしまうでしょう。 プロに依頼すれば、高度な動画撮影・動画編集テクニックを用いることで訴求効果の高いハイクオリティな動画に仕上げてくれます。

メリット②「手間がかからない」

2つ目のメリットは「動画制作に自分たちの人手を割かなくて済む」ことです。 動画制作には、ベースとなる動画を撮影してその動画を動画編集ソフトで編集、その際に必要になる音楽データなどの素材を調達し、このように数多くの手順を踏んでようやく完成します。 数分の動画を完成させるだけでも、再生時間の何十倍もの時間をかけて動画制作をこなさなければなりません。 企業用の動画制作を自社の人員で行うのであれば、担当者の本来の仕事が疎かになってしまうため、本業に差し支えることになります。 プロに依頼すれば、打ち合わせや修正作業などの話し合いなどに人手を割く必要はありますが、動画撮影や編集作業など、時間がかかる部分は業者に任せることができますので、自分たちは本当に必要な作業に注力できるのです。

メリット③「機材費がかからない」

3つ目のメリットは「動画撮影に必要な機材の購入費用がかからない」ことです。 先ほど「スマホカメラの性能は上がっている」と説明していますが、それでも本職のカメラマンやテレビ局が使用するようなビデオカメラのような画質・音質には遠く及びません。 動画制作はベースとなる動画の画質や音質も重要であるため、本格的な動画プロモーションを展開しようと考えるのであれば本格的な撮影機材や、場合によっては撮影スタジオなども用意しなければならないでしょう。 これらを調達するためには相応の出費が必要になりますので、動画プロモーション殿費用対効果が深刻化する可能性があります。 プロに依頼すれば、プロ御用達の高性能な撮影機材を持っているので、これを用いて高品質な素材用動画を撮影することができ、依頼料こそかかりますが高性能な撮影機材の購入費用はかかりません。

動画制作を依頼するべき業者の選び方

業者に動画制作を依頼することで、上記のようなメリットを享受できます。 しかし、一口に「動画制作を依頼できる業者」といっても数多くの業者が選択肢に挙がります。 どの業者でも同じ満足度になるというわけではなく、失敗しないためには依頼先の業者を慎重に検討する必要があるのです。

ポイント①「制作実績が豊富である」

1つ目のポイントは「制作実績が豊富である」ことです。 制作実績の豊富さは、多くの企業から信頼されている証拠であると同時に、過去の実績がそのまま経験値としてノウハウの蓄積が期待できるという点がメリットとして挙げられます。 業者のホームページをチェックし、制作実績が豊富であることを確認しておきましょう。

ポイント②「依頼内容と得意分野がマッチしている」

2つ目のポイントは「自社の依頼内容と業者の得意分野がマッチしている」ことです。 業者ごとに、同じ動画編集という分野でも具体的な得意分野は異なります。 たとえば「会社説明が得意」「食べ物の撮影が上手」というように、さまざまな得意分野があります。 自社の依頼内容と同じ分野を得意分野としている業者であれば、クオリティの高い動画を制作してくれるでしょう。

ポイント③「提案力や企画力に優れている」

3つ目のポイントは「提案力や企画力に優れている」ことです。 おおまかな依頼内容は依頼主が考えるものですが、それを具体的に1つの動画に落とし込むにあたって業者側の企画力や、依頼内容をブラッシュアップできる提案力の強さは完成品に大きく関係します。 依頼主の言い分をそのまま鵜呑みにするような業者ではなく、依頼内容をブラッシュアップして動画に落とし込めるような提案力と企画力を有する業者を選定しましょう。

ポイント④「予算に対して柔軟に対応してくれる」

4つ目のポイントは「依頼主の予算に対して柔軟に対応してくれる」ことです。 動画制作を依頼するにあたっては、「予算」がどうしても限られてしまいます。 多くの予算を投入できれば余裕をもって最大の仕事をこなしてもらうことができますが、予算が抑え気味だとどうしてもできることとできないことが分かれてしまうでしょう。 限られた予算内で、依頼主の希望を最大限に叶えるための方針を打ち出せる業者であれば、費用対効果の高い動画を制作してくれます。

効果的な動画の制作はプロに依頼、ロフティーデザインにお任せください!

プロに動画制作を任せれば、手間をかけずにハイクオリティでプロモーション効果の高い動画を用意することができます。 業者選びは重要であり、さまざまな要素を加味して最適な依頼先を見つけることで満足度の高い動画コンテンツを仕上げてくれるでしょう。 ロフティーデザインでは多様なジャンルに対応した動画制作サービスをご用意しており、プロモーションに最適なハイクオリティな動画を制作できますので、お気軽にお問合せください!