ホームページ、パンフレット、チラシ、LINEスタンプのデザイン・印刷はロフティーデザインにご依頼ください!

LINEスタンプ販売の中核「LINE Creators Market」について

LINEスタンプを販売するためには「LINE Creators Market」というサービスを介する必要があります。 誰もが簡単に利用できるというわけではなく、所定の審査を受けないとLINEスタンプを販売することはできません。 本記事では、LINE Creators Marketの利用方法について解説します。

LINE Creators Marketの利用方法

LINE Creators Marketの利用のためには、このサービスに登録する必要があります。

ステップ①「LINEアカウントを作成する」

LINE Creators Marketの登録には「LINEアカウント」を作成しておく必要があります。 すでに登録済みの方は、そのアカウントを利用可能です。

ステップ②「LINE Creators Marketに登録する」

LINEアカウントを作成できたら、LINE Creators Marketの公式サイトにアクセスし、「登録はこちら」をクリックしてください。 ・LINE Creators Market公式サイトURL https://creator.line.me/ja/ LINEで登録したメールアドレスおよびパスワードを入力してログインします。 LINEのアカウント情報を使ってLINE Creators Marketにログインすることへの同意を求められますので「同意する」をクリックしてください。 クリエイターの個人情報の入力を求められますので、間違えずに入力して登録しましょう。 登録が完了したら、登録したメールアドレス宛てにメールが届きますので、内容を確認してURLにアクセスし、登録を完了しましょう。

わからないことはヘルプで確認

登録方法に不明な点がある、登録にトラブルが発生しているという場合には、ヘルプで疑問を解消しましょう。 ・ヘルプ https://help2.line.me/creators/web/ よくある質問がまとめられていますので、調べたい内容のKWを入力して該当する質問を探してください。

LINE Creators Marketでの販売と審査

登録が完了したら、いよいよLINE Creators MarketでLINEスタンプを販売したいところですが、画像を準備してもすぐに販売開始とはいきません。

LINE Creators MarketでLINEスタンプを販売するためには「審査」を受ける必要があります。

そのため、多くのユーザーに自社ホームページに訪問して情報を調べて欲しい場合には、検索結果の上位に表示されやすくする「SEO対策」や、検索結果の上部に表示される「リスティング広告」などのネット広告を利用するのが一般的です。

これらにはコストがかかりますし、必ずしも対策が効果を発揮するとは限りません。

紙のパンフレットの場合はこうした対策が不要であり、いかに魅力的なパンフレットを効果的な方法で配布するかという部分に注力すれば良いのです。

審査基準

審査基準は、公式サイトに掲載されています。

・スタンプ審査ガイドライン

https://creator.line.me/ja/review_guideline/

上記に反する内容で審査申請した場合は審査落ちしてしまうため、きちんとガイドラインを確認し、問題ない内容で申請してください。

審査にかかる期間

審査にかかる期間は、申請内容によって異なります。 以前は1か月かかるケースもありましたが、昨今は審査期間が短くなったようで、早ければ数時間~数日ほどで審査完了するケースもあるようです。

LINE Creators Marketの売上

LINE Creators Marketに申請した審査に通れば、そのLINEスタンプを販売開始できます。

販売開始の方法

審査に通ったLINEスタンプは、リリースボタンをクリックすることでLINE STOREでの販売がスタートします。 その販売価格は、複数の価格設定の中から自由に変更できますので、クオリティなどを考慮して販売価格を決定してください。

売上の受け取り

販売開始したLINEスタンプが売れたら、AppleやGoogleなどの手数料30%を除いた売上の50%が、登録した振込口座に入金されます。 なお、「LINEスタンプ プレミアム」に参加している場合は、その分配率に応じた売上が口座に振り込まれます。

LINEスタンプの販売をもっと楽にしたいなら?

LINE Creators Marketへの登録や販売したいスタンプの審査申請など、LINEスタンプの販売にはさまざまな手間がかかります。 時間があるのであれば別ですが、ビジネス目的でLINEスタンプを販売したいのであれば、社内の人手を割く必要があるので本来の業務が疎かになってしまう可能性があるでしょう。 そこでおすすめしたいのが、LINEスタンプの作成と販売サポートを行っている業者に外注するという方法です。

業者は販売サポートも手掛けている

デザイン会社など、LINEスタンプの作成を代行している業者の中には、LINEスタンプの制作だけでなく、完成したLINEスタンプをLINE Creators Marketにおいて販売するサポートを手掛けているところもあります。 LINEスタンプの作成から販売まで一手に任せることができるため、手軽に自社LINEスタンプをLINE Creators Marketにおいて販売できるのです。

業者に外注するメリット

業者にLINEスタンプを外注することにはさまざまなメリットがありますが、とくに「LINE Creators Marketの審査に通るLINEスタンプを数多く用意できる」という点が大きなメリットです。 LINE Creators Marketでは、審査に通ったLINEスタンプしか販売できませんので、いかにして審査に通れるLINEスタンプを用意できるかが重要なポイントになります。 制作実績の多い業者であれば、LINE Creators Marketの審査に通った実績も多いので、安心して審査に通るLINEスタンプの制作を任せることができるのです。

サポートが充実した業者を選ぼう

LINE Creators Marketでの販売を前提としてLINEスタンプの制作を業者に依頼する場合、販売サポートまでしっかりと手掛けてくれる、サポート充実の業者を選ぶことをおすすめします。 業者の中にはLINEスタンプの制作だけ手掛けているところもありますので、LINE Creators Marketをすでに何度も利用しているベテランでなければ、販売のための手続きに苦労することになるでしょう。 効果的にLINEスタンプを運用したいと考えるのであれば、完成後のサポートも充実している業者を選んで依頼することをおすすめします。

ロフティーデザインはサポートも充実!

弊社ロフティーデザインにおいても、LINEスタンプ制作のご依頼だけでなく、ご依頼いただいたLINEスタンプのLINE Creators Marketにおける販売サポートも承っております。 弊社ではLINE Creators Marketアカウントの作成からLINEスタンプの登録、審査申請までを手広くサポートいたします。 ご依頼にあたっては、以下のものをご用意ください。 ・お客様のLINEアカウント(LINE Creators Marketアカウント作成用) ・下書きのイラスト(またはアイデア案) ・クリエイター名 ・スタンプタイトル(40文字以内) ・スタンプ説明文(160文字以内) 「イラストを用意するのに自信がない…」という方でも問題ありません。 絵が苦手な方でもアイデアさえ頂ければ、プロのデザイナーの手によってイラスト化してキャラクターを作成することが可能です。

LINE Creators Marketは審査が重要、ロフティーデザインにお任せください!

LINE Creators MarketはLINEスタンプの販売において便利なサービスですが、審査に通らなければLINEスタンプを販売できません。 そのため、ガイドラインに沿ってLINEスタンプを作成し、問題なく審査に通れるようにすることが重要です。 ロフティーデザインでは数多くの企業様からご依頼いただいた実績があり、多数のLINEスタンプの審査を通過させてリリースした実績がございますので、お気軽にお問合せください!