ホームページ、パンフレット、チラシ、LINEスタンプのデザイン・印刷はロフティーデザインにご依頼ください!

LINEスタンプ制作を外注するメリットと業者の選び方

ビジネス向けに「LINEスタンプ」を用意するにあたっては、自作するのも可能ですがクオリティなどの問題を考慮すると業者に外注するのが良いでしょう。 ですが、一口に「LINEスタンプを発注できる業者」といってもさまざまな業者がありますので、選定する必要があります。 本記事では、LINEスタンプを外注するメリットと、どの業者に発注するべきかについて解説します。

LINEスタンプを外注するメリット

まずは、LINEスタンプを自作ではなく外注することにより得られるメリットについて解説します。

メリット①「クオリティが高い」

LINEスタンプを外注すれば「クオリティが高いLINEスタンプが手に入る」というメリットがあります。

LINEスタンプは、デザインの良いものが注目されてよく売れますので、少しでもクオリティの高いLINEスタンプを用意することが重要です。

自作する場合、デザインに自信と経験がある人材がいれば安心して任せられますが、デザイン制作を任せられる人材がいなければクオリティの高いLINEスタンプを制作することは極めて難しくなります。

外注すればデザイン制作のプロに任せることができますので、クオリティが高くてビジネスに好影響をもたらしてくれるLINEスタンプを手に入れることができるでしょう。

 

メリット②「手間がかからない」

LINEスタンプを外注すれば「手間がかからず本業に専念できる」というメリットがあります。

LINEスタンプに限らず、デザインの制作には相応の手間がかかります。

とくにデザイン制作の経験が乏しい人だと余計に時間がかかりますので、本来の業務に支障をきたすことになるでしょう。

せっかくビジネスに好影響をもたらせるようなLINEスタンプを用意するのに、本業に必要な人手を長くあてがい続けることは本末転倒な結果になるケースも考えられます。

外注すれば最初の打ち合わせや修正時の応対などに手間がかかりこそすれ、制作の段階で人手を割く必要がないので、自分たちは本業に専念しつつLINEスタンプを手に入れることができるのです。

メリット③「サポートが充実している」

LINEスタンプを外注すれば「充実のサポートで安心してLINEスタンプを利用できる」というメリットがあります。

LINEスタンプのビジネス転用では、多くの場合は「販売」という形式をとりますが、LINEスタンプを販売することは簡単なことではありません。

専用のアカウントを作成して審査を受けるなど、LINEスタンプのビジネス目的での利用には相応の手間がかかります。

LINEスタンプの制作を依頼できる業者であれば、制作だけでなく、制作後の運用のサポートまで任せられるケースもあります。

業者は運用ノウハウを持っているので、安心してLINEスタンプ制作後の運用まで進められるでしょう。

メリット④「一度に数を揃えられる」

LINEスタンプを外注すれば「一度に複数のLINEスタンプを用意することができる」というメリットがあります。

LINEスタンプは1つだけ用意すれば良いというケースは珍しく、ビジネス目的での利用を考えると複数個のLINEスタンプを用意する必要があるでしょう。

前述のとおりLINEスタンプの制作は素人には簡単なことではなく、これを複数個用意するとなれば相当な手間をかけることになります。

業者に外注すれば多くのLINEスタンプを制作してもらうことができますので、手間をかけず短期間で一気にLINEスタンプの保有数を増やすことが可能です。

 

LINEスタンプを発注するべき業者の選び方

LINEスタンプの制作は業者に任せるのが一番ですが、どんな業者でも良いというわけではありません。 後悔しない結果に終えるためには、以下のポイントを加味して依頼先を慎重に選定する必要があります。

ポイント①「制作実績の多さ」

1つ目の注目ポイントは「制作実績が多い」ことです。

LINEスタンプに限った話ではありませんが、何かを制作する業者は過去にさまざまな案件をこなしており、その制作実績をホームページで公開していることが多く見られます。

制作実績が多いということは、多くの業者が信頼している証拠であり、同時に制作実績の多さはノウハウ・経験の多さを示しているのです。

制作実績の多い業者に任せれば、豊富な実績から得たノウハウを活かして、満足できる仕事をこなしてくれるでしょう。

ポイント②「サンプル品の質の良さ」

2つ目の注目ポイントは「サンプル品の質が良い」ことです。

LINEスタンプの外注にあたって、最も気にしたいポイントは仕上がりのクオリティですから、どんな仕上がりを期待できるのかを事前に把握しておくことは重要なポイントになります。

過去の制作実績を公開している場合であれば、それを見ることもできますが、できれば直近の最新クオリティを確認しておきたいところです。

とくに相見積もりを依頼するにあたっては、仕上がりのクオリティの違いをきちんと確認することが重要であるため、サンプル品の提出を依頼し、選定基準にすると良いでしょう。

ポイント③「担当者の質の良さ」

3つ目の注目ポイントは「担当者の応対品質が良い」ことです。

契約するにあたっては、その前に依頼内容のすりあわせのために話し合いをします。

その際に、こちらの要望をしっかりと聞き取り、あちらから提案をしてもらえるような担当者であれば、満足できる仕事を期待できるでしょう。

逆に、ほとんど話し合いをせずに契約に進めようとする場合は、すり合わせが不十分なので良い仕事も期待できません。

必ずしも担当者の質が業者の良し悪しを決めるわけではありませんが、期待以上の仕事をこなしてくれるであろう担当者のほうが安心できるのは確かです。

ポイント④「サポート内容の充実さ」

 4つ目の注目ポイントは「サポート内容の充実さ」です。

たとえば、新規キャラクター作成に対応してくれたり納品前の修正対応があったり、完成後の運用のサポートを受けられると、効果的なLINEスタンプ運用が可能になります。

業者の中には制作だけ請け負っているところもありますが、サポートが受けられないといざという時に困るケースもあるでしょう。

できる限り、手厚いサポートを受けられる業者を選定しておいた方が安心して依頼できるはずです。

ハイクオリティなLINEスタンプは信頼できる業者に発注を、ロフティーデザインにお任せください!

ビジネス目的でLINEスタンプを用意するにあたっては、手間をかけずにハイクオリティな仕上がりを期待できる、業者への外注が合理的です。

さまざまな要素を加味して相見積もりを行い、最適な依頼先を探してください。

ロフティーデザインでは数多くの企業様からご依頼いただいた実績があり、ハイクオリティなLINEスタンプを制作できますので、お気軽にお問合せください!