ワイヤーフレームとは

ワイヤーフレームとは、webページのレイアウトを定める設計図のことです。
webサイト制作におけるワイヤーフレームとは制作時にデザインの土台となります。
コンセプトなどに基づいて作成する基礎的なユーザーインターフェースです。
ワイヤーフレームを制作することで、
サイト上のパーツの配置や機能について確認し、全体的なイメージと方向性を把握できます。

ワイヤーフレームの役割

Where: どこに(画面の上下部、左右部などの位置を決める)
What: なにを置いて(ロゴ、メニュー、コンテンツなどを決める)
How: どのように動作させるか(リンクや出力などの仕様を決める)

ワイヤーフレームを作るメリット

・情報整理
・情報共有

ワイヤーフレームを制作すれば、
プロジェクトに関わる担当者の情報共有にも有効で、
簡単に完成イメージを共有することができます。

ワイヤーフレーム制作ツール

下記以外にも様々なツールがあります。
コンセプトに合った制作ツールを選択するようにしてください。

・Adobe XD
・Cacoo
・Sketch
・Excel

HP制作のご依頼なら!

ロフティーデザインにお任せください!積み上げた実績が多数ございます。

ロフティー・デザインはWEBサイトの制作実績が多数ございます!お気軽にご相談ください。