SSL化(https化)とは?

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で、
ブラウザとサーバー間の通信を暗号化してデータをやりとりする仕組みのことです。

逆に、非SSLのサイトは暗号化さていないため、情報が流出したり、データの改ざんなどの被害に遭う危険性があります。
httpsは、httpよりも安全な通信を実現し、暗号化された安全な通信方式をWEBサイトに導入することです。

現在では、https化していないとサイトに警告文が表示されるなど、閲覧者にマイナスの印象を与えてるだけでなく、 GoogleでのSEOの評価も下がり、検索順位に影響します。

https化の見分け方

・https化されて通信内容が暗号化されたサイト➡【https】[s]がついている。
・https化されていないサイト➡【http】[s]がついていない。

https化のメリット

<セキュリティーが強化される>
通信内容を暗号化することで改ざんや盗聴を防ぐことができる。
・Webサイトのなりすまし防止
・Cookie情報が漏えい防止

<SEOで評価される>
Googleは、SSL化を推奨しているため、検索順位を左右します。

<分析時に有効>
SSL化によってサイトの分析結果にリファラ情報が送ることができるので、 流入元の計測にも役立ちます。

<表示速度が上がる>
次世代プロトコルの使用によって、WEBサイトの高速化することができます。

https化の方法

・契約中のレンタルサーバーにてSSL化、(SSL証明書発行)の手続きを行う。
※各サーバーによって手順が異なりますので、契約中のサーバーごとにご確認ください。

SSL化されていないサイトをリニューアルするなら!

ロフティーデザインでは、多数のHTTPS化されたサイトを制作してきました。 SSL化されていない古いサイトからリニューアルしたい企業様、お気軽にお問合せください!